;
      
Menu メニュー


  • カテゴリ Sample の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

経済レビュー - (宿輪ゼミ予想)日本銀行の政策転換は9月

(宿輪ゼミ予想)日本銀行の政策転換は9月

カテゴリ : 
Sample
執筆 : 
宿輪ゼミ 2018-7-7 16:12

宿輪ゼミ予想【日本銀行の金融政策の転換は9月】〜覚えておいてください!
「9月」の金融政策決定会合で変更発表。理由は(地方)銀行の救済。
「年末」で量的緩和の終了。
政策金利の引上げは「来年3月」から。

そもそも金利の引上げが中央銀行の仕事。FRBは利上げ継続中。ECBも6月に発表。FRBは目標金利まであと4回×0.25%しかやれないので、来年6月が当面の最後の利上げ。その前に日本銀行が利上げを始めないと=日本銀行だけが金利を上げると、日本人が大嫌いな「円高」になってしまう。これは避けたい。

物価はもう上がらないと日本銀行は結論付けている。ネット通販の普及・新興国の安い商品、低賃金の労働者が理由としている。目標から外そうとしている。

国民の納得考えられるため、「リフレ派」という人たちはプロレスや時代劇にでる悪役に徹し、「金融政策にできないことがない」など訳の分からないことを今後さらにガンガンいって盛り上げるのがシナリオ。「地方銀行」の経営悪化もさらに強調されるはず。

このタイミング・パターンが最後のチャンスです。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://shukuwa.jp/modules/d3blog_3/tb.php/263
Powered by Junichi SHUKUWA  |  Copyright(c) Junichi Shukuwa All Rights ReservedDesign by7dana.com