;
      
Menu メニュー


経済レビュー - 宿輪ゼミさんのエントリ


通貨分野でも第一人者の宿輪先生!
満を持して、いよいよ日本経済新聞社から「現代通貨論」の
入門教科書+ビジネス書を発刊!

【日経新聞の説明文】←ここまで書いていただきまして我々は驚きました!
「通貨問題」のすべて、グローバル経済の本質がわかる!
円高対策、ユーロ危機、元切上げ、東アジア共通通貨、基軸通貨ドルの将来
―激動する「通貨経済システム」の歴史・制度・理論・トピック・将来展望を
第一人者が明快に解説する決定版!

専用MIXIコミュ「通貨経済学入門」できました。
皆様ぜひご参加ください。
http://bit.ly/fLoi1u

アマゾンで好評販売中!どうか宜しくお願いします!
http://amzn.to/9TaMhw

『通貨経済学入門』の感想文

カテゴリ : 
Sample
執筆 : 
宿輪ゼミ 2010-12-19 11:59

写真は丸善本店で「通貨経済学入門」を購入される方です。
http://amzn.to/9TaMhw ←お手元に一冊、宜しくお願いします。

アマゾン他のレビューから引用してます。
しっかり読んでいただきまして、有難うございます。

Mさん
米国FRBによる、QE2の話が出て、それが実行される過程において、米株は上昇し、米国長期金利は上昇に転じている。
昨今の世界の各種、金融・株式・外国為替、さらには商品にいたるまでのあらゆるマーケットは、中央銀行の通貨政策に大きな関心をもって注目している。
これら中央銀行の金融政策のオペレーション対象は言うまでもなく「通貨」である。
中央銀行の行う緩和・引締政策とは、その通貨の自国内の供給量を調整する金融政策であり、「為替介入」とは、対外国通貨との関係を調整する通貨政策である。
その「通貨」に関して、「制度としての通貨」言い換えれば、決済制度(国際金融システム)の第一人者による解説書が本書である。
商行為で欠かすことは出来ない「通貨」であるが、実はその正体はなんぞや?という話をきちんと解説した本は案外と少ない。
ややもすると、哲学的考察に傾きすぎていたり、感情が混入した「通貨論」であったり、酷いときには「陰謀論」に大きく傾いた話に終始しているような書物は沢山あるが、きちんと経済学的裏付け及び金融実務からの裏付けがあって、一般の読者がそれを読んで理解可能で、かつその知識を持って中央銀行が今、何をやっているのかを正確に考えるベースを提供してくれる類の書籍は今までも非常に少なかったと言えよう。
前述したように、本書の著者である宿輪氏はマクロのエコノミストであるだけでなく、銀行・証券の決済関係の第一人者である。
また、若い頃は外国為替のディーリングルームにおいてフロントで為替業務に従事されていた経験もお持ちであり、現在の世界の資本主義体制下で実際に運営されている決済手段としての「通貨」のスペシャリストなのである。
この点に於いて、イメージ先行の曖昧模糊とした通貨論から最も遠い実際の制度に基づいた通貨の解説が展開されており、あらゆる経済学に関わるものが基本として抑えておくべき「生」の通貨とは何者であるのかを簡単に把握できる良書である。
例えば「シニョリッジ」(中央銀行による通貨発行益)。
中央銀行が当該国の通過で発行される国債などを購入した際に、そのバランスシートはどうなるかにまで言及し、その上で、”狭義シニョリッジ”を語るといったクリアーな解説が、いままでの書籍にあまりにも少なかったのである。
その他、世界中の通貨制度や、過去の通貨制度の詳しい歴史に関しても非常にコンパクトにまとめられており、銀行員はもちろんの事金融市場関係者にとって”虎の巻”的役割も果たしてくれることであろう。

Mさん
通貨問題というのは実は一個人にとっても非常に重要な問題である。限りある個人の金融資産をどう運用していくかを考えるにあたって、「通貨がどうなるか」について自分なりに意思決定できるリテラシーは欠かせない。しかしながら、金融が専門ではない自分にとって、通貨問題は、非常に複雑で、かつ変化のスピードが速い分野であり、自分なりに納得できる判断ができていないことにもやもやを感じていた。。。本書は、平易な言葉で体系的に通貨経済システムの歴史、制度、理論などを解説しており、また、今おこっていること、将来おきることも明快に示唆されていて、長年のもやもやが晴れる気持ちよさを感じた。また、時折織り交ぜられているコラムも、好奇心が刺激される面白い内容で、ちょっとしたブレークになって、テーマとしては堅い内容の本書を一気に読み進められる効果的なアクセントになっている。自分の頭で通貨がどうなるかが考えられるようになる良書である。

Rさん
宿輪氏は、金融機関で国際経済のエコノミストや金融インフラである決済システムを担当し、今や共に日本の第一人者である。同時に東大や早大で教鞭も長年取り、財務省・金融庁・経産省・外務省などの当局研究会でも委員として活躍し、日本自体の支援もしてきた。
その彼が、満を持して「通貨」を中心とした国際経済・金融の彼の考えをまとめた。入門教科書のような立て付けであるが、易しく書いてあり、逆に情緒的でなく分かりやすい。来年、国際通貨制度改革がなぜ起こるのかも分かった。
通貨をめぐる仕組みを丹念に説明してあるだけに、いろいろなグローバル金融の動きもやっと分かった。「グローバル経済」の中で仕事をする我々にとって必携の一冊である。

Kさん
宿輪氏のテレビや新聞での解説は定評がある。
国際金融や国際経済の書籍は多いが、「通貨」に焦点を当てた書籍や教科書は無かったた。まさに探していた書籍である。教科書の様であるが、一般書として一気に読める。
書面での研究だけではなく、世界の金融市場で勤務し、当局で日本のために仕事もしている実務者だから、的確で具体的な内容となっている。
たとえば、国際経済の教科書では「貿易黒字で外貨準備が増加する」といったよく分からない解説が多いが、そこをきちんと理論的・実務的に説明してくれている。
為替市場も単純に「上がる下がる」ではなく、「仕組み」の面から説明してくれて、理解が深まった。
グローバルな実務者、経済を学んでいる学生、FXや株の投資家には必携と考えます。
表紙もいいデザインです!

Pさん
通貨経済学入門という本の名の通り、通貨経済、通貨問題などについて、とても分かりやすく書かれています。通貨や経済学を全く知らない方にも、超!おすすめ!とても読みやすく、だれでも簡単に通貨経済学を理解できちゃうと思います。 私は、昨年就職活動を終えた身ですが、就職活動で、金融業界を志望する方にも、ぜひ読んで頂きたい、お薦めの一冊です。
宿輪ゼミ事務局です。
いつも大変お世話になり、誠に有難うございます。

宿輪先生の新刊『通貨経済学入門』(日経新聞社)新発売です。
どうか宜しくお願いします。http://amzn.to/9TaMhw

※前回の感想もありましたら、こちらに書きこんでください。
※お忙しいところ恐縮ですが、会場準備の関係上「出席連絡」を早めに入れて下さい。

1月5日(水)午後7時からの第77回宿輪ゼミのご連絡です。
教室は(いつもの)文京区民センター2Aです。

今回は新年一回目ですから宿輪先生自らの講義で
「こうなる2011年の経済と相場」

ゼミに参加している方は知っていますが、
昨年の宿輪先生の予想は、ほぼ的中でびっくりしました。

激動の一年になることが予想される2011年!
年初に伺うことは大変意義のあることです。

また「人生頑張る」のコーナーで「就職活動支援」もいたします。
他にも、政治や経営情報、 最新映画情報もあります。

こんな機会は「宿輪ゼミ」だけ!
われわれの経済・金融の勉強、投資、およびこれからの人生にとって
有益な機会となることでしょう!

今回で77回で、もう5年!宿輪ゼミ会員数は2000人を超えております。
この回数・年数と参加者数がそのクオリティの証左です。

「宿輪ゼミ」は先生をはじめとしたボランティアによる公開勉強会です。
不手際も多いと思いますが、ご容赦ください。

〈申込関係〉 〜早めの事前申込をお願いします!
 崕瀕慇萓献フィシャル・ウエブサイト会員(宿輪クラブ会員)」の方は
以下から申し込んで下ください。
http://bit.ly/bLIxzt
<基本的にはこちらで申し込んでくださいね>

◆屬Δ泙いかない方」「一般の方」は↓にメールを送ってください。
shukuwaseminar@gmail.com

いままでの申し込みと同様に、お名前、連絡用E-Mail、ご所属、
懇親会の参加・不参加、ご連絡事項などを書いて送ってください。
※「初めて参加の方」はその旨、必ず書きこんでください!

「場所」は↓でご確認ください。
http://bit.ly/bLIxzt

また、上記ページにある、申込要領・セミナー開催要領・注意事項等を
「必ず」事前にお読みください。
ここにも「書き込み」と「宣言」をお願いします!

宿輪先生はじめ、多数のお越しをお待ちしております。
宿輪ゼミ事務局一同

※MIXIでは以下です。http://bit.ly/hcQGen


宿輪ゼミ事務局です。
いつも大変お世話になり、誠に有難うございます。

※前回の感想もありましたら、こちらに書きこんでください。
※お忙しいところ恐縮ですが、会場準備の関係上「出席連絡」を早めに入れて下さい。

12月15日(水)午後7時からの第76回宿輪ゼミのご連絡です。
教室は(いつもの)文京区民センター2Aです。

今回は宿輪先生自らの講義で「インド経済のすべて」

現在、日本経済はインドに向かっています。
一流エコノミストの宿輪先生が、実地調査も踏まえ
詳しくご説明します。

また、宿輪先生の最近的中の「最近の金融経済相場情勢」、
また「人生頑張る」のコーナーで「就職活動支援」もいたします。
他にも、政治や経営情報、 最新映画情報もあります。

こんな機会は「宿輪ゼミ」だけ!
われわれの経済・金融の勉強、投資、およびこれからの人生にとって
有益な機会となることでしょう!

今回で76回で、もう5年!宿輪ゼミ会員数は2000人を超えております。
この回数・年数と参加者数がそのクオリティの証左です。

「宿輪ゼミ」は先生をはじめとしたボランティアによる公開勉強会です。
不手際も多いと思いますが、ご容赦ください。

〈申込関係〉 〜早めの事前申込をお願いします!
 崕瀕慇萓献フィシャル・ウエブサイト会員(宿輪クラブ会員)」の方は
以下から申し込んで下ください。
http://bit.ly/bLIxzt
<基本的にはこちらで申し込んでくださいね>

◆屬Δ泙いかない方」「一般の方」は↓にメールを送ってください。
shukuwaseminar@gmail.com

いままでの申し込みと同様に、お名前、連絡用E-Mail、ご所属、
懇親会の参加・不参加、ご連絡事項などを書いて送ってください。
※「初めて参加の方」はその旨、必ず書きこんでください!

「場所」は↓でご確認ください。
http://bit.ly/bLIxzt

また、上記ページにある、申込要領・セミナー開催要領・注意事項等を
「必ず」事前にお読みください。
ここにも「書き込み」と「宣言」をお願いします!

宿輪先生はじめ、多数のお越しをお待ちしております。
宿輪ゼミ事務局一同

※MIXIでは以下です。http://bit.ly/g6U4jk

(重要)登録メールアドレスについて

カテゴリ : 
Sample
執筆 : 
宿輪ゼミ 2010-11-27 21:07

宿輪ゼミでは開催前に
Eメールによって連絡をいたします。

WEBやご連絡をいただいたEメールにご送付しますが、
結構な数が、受け取られないで返信されます。

送っているのは Gmailからです。


原因とすると以下のことが考えられます。
〃搬咾播佻燭琉戞Gmailや重いメールを弾く
GmailなどのWEB系のメールの受信拒否をしている
▲瓠璽襯▲疋譽垢鯤儿垢靴

対策とすると一番簡単なのは
PCのメールを登録していただくのかなと思います。

特に登録したのにメールが実際に届いていない方は
至急、以下にご連絡下さい。

shukuwaseminar@gmail.com

宿輪ゼミも間もなく100回です。
今後とも宜しくお願いします。


東アジア経済統合について

カテゴリ : 
Sample
執筆 : 
宿輪ゼミ 2010-11-23 16:06
宿輪先生は、APECをはじめ
金融も通商も東アジア経済統合についてご支援されています。

以下は、宿輪ゼミ参加者(宿輪ゼミ員)の方が
経済産業省で頑張っている「東アジア経済統合」政策です。

http://www.meti.go.jp/topic/data/101027strategy.html
http://www.rieti.go.jp/jp/special/special_report/041.html

「やはり日本全体が外に目を向けていかなければならないと思いますし、
 今あるツールは企業等にうまく活用していって頂ければと考えています」
とのこと、その通りと思います。

皆さん、ご支援しましょう!
宿輪ゼミ事務局です。
いつも大変お世話になり、誠に有難うございます。
※前回の感想もありましたら、こちらに書きこんでくださいね!
※お忙しいところ恐縮ですが、会場準備の関係上「出席連絡」を早めに入れて下さい。

12月1日(火)午後7時からの「第75回宿輪ゼミ」のご連絡です。
教室は(いつもの)文京区民センター2Aです。

今回は宿輪ゼミ幹事卒業生で
1米国投資金融機関に勤務しているYさんによる
「投資ファンドのからくり!」

米国投資ファンドはなぜあんなに高い利回りを作れるのか?
お客様との関係は? 投資ファンドのすべてが分かります!
金融や投資に興味がある方には必須です。

また、宿輪先生の最近的中の「最近の金融経済相場情勢」、
また「人生頑張る」のコーナーで「就職活動支援」もいたします。
他にも、政治や経営情報、 最新映画情報もあります。

こんな機会は「宿輪ゼミ」だけ!
われわれの経済・金融の勉強、投資、およびこれからの人生にとって
有益な機会となることでしょう!

今回までで、オリジナルおよび特別合わせて75回で、
宿輪ゼミ会員数は2000人を超えております。 もう5年です!

この回数・年数と参加者数がそのクオリティの証左です。
「宿輪ゼミ」は先生をはじめとしたボランティアによる公開勉強会です。
不手際も多いと思いますが、ご容赦ください。

〈申込関係〉 〜早めの事前申込をお願いします!
 崕瀕慇萓献フィシャル・ウエブサイト会員(宿輪クラブ会員)」の方は
以下から申し込んで下ください。
http://bit.ly/bLIxzt
<基本的にはこちらで申し込んでくださいね>

◆屬Δ泙いかない方」「一般の方」は↓にメールを送ってください。
shukuwaseminar@gmail.com

いままでの申し込みと同様に、お名前、連絡用E-Mail、ご所属、
懇親会の参加・不参加、ご連絡事項などを書いて送ってください。
※「初めて参加の方」はその旨、必ず書きこんでください!

「場所」は↓でご確認ください。
http://bit.ly/bLIxzt

また、上記ページにある、申込要領・セミナー開催要領・注意事項等を
「必ず」事前にお読みください。
ここにも「書き込み」と「宣言」をお願いします!

宿輪先生はじめ、多数のお越しをお待ちしております。
宿輪ゼミ事務局一同

※MIXIコミュでは以下です。http://bit.ly/9pPJSz

★宿輪先生テレビ東京出演連絡

カテゴリ : 
Sample
執筆 : 
宿輪ゼミ 2010-11-20 13:35



11月24日(木)午前8時54分から
テレビ東京「Eモーニング(マーケット)」に出演!

VIDEO予約のセットを!

宿輪ゼミ、先生の講演会や出演のテレビでご存知でしょうが、
先生この一年、為替を始めほぼ的中ですから!

同時に日経CNBC「朝エキスプレス」にも出演してます。
ご期待ください!

次回の宿輪ゼミは12月1日(水)です。
こちらもご参加お待ちしております!

APECの写真

カテゴリ : 
Sample
執筆 : 
宿輪ゼミ 2010-11-13 17:17




宿輪先生の写真が出ておりました。
日本を代表するエコミストとして講演されました。

講演の写真がないのが残念です!


次回の宿輪ゼミは16日(火)です。
ご参加お願いします!
http://bit.ly/adiKUf

【お礼】11/16決済Rとコルレス第74回S

カテゴリ : 
Sample
執筆 : 
宿輪ゼミ 2010-11-13 10:53
宿輪ゼミ事務局です。
いつも大変お世話になり、誠に有難うございます。
※前回の感想もありましたら、こちらに書きこんでくださいね!
※お忙しいところ恐縮ですが、会場準備の関係上「出席連絡」を早めに入れて下さい。

11月16日(火)午後7時からの「第74回宿輪ゼミ」のご連絡です。
場所の抽選に失敗し、今回は火曜日です。ご注意くださいませ!
教室は(いつもの)文京区民センター2Aです。

今回もリクエストによる先生の専門の一つである「決済」特集
「決済リスクとコルレス」です。
決済業務関連の研修としても最適ですが、金融に興味があるかたにも最適です!

また、この一年当たりまくっている「最近の金融経済相場情勢」、
また「人生頑張る」のコーナーで「就職活動支援」もいたします。
他にも、政治や経営情報、 最新映画情報もあります。

こんな機会は「宿輪ゼミ」だけ!
われわれの経済・金融の勉強、投資、およびこれからの人生にとって
有益な機会となることでしょう!

今回までで、オリジナルおよび特別合わせて74回で、
宿輪ゼミ会員数は2000人を超えております。
もう5年です!

この回数・年数と参加者数がそのクオリティの証左です。
「宿輪ゼミ」は先生をはじめとしたボランティアによる公開勉強会です。
不手際も多いと思いますが、ご容赦ください。

〈申込関係〉 〜早めの事前申込をお願いします!
 崕瀕慇萓献フィシャル・ウエブサイト会員(宿輪クラブ会員)」の方は
以下から申し込んで下ください。
http://bit.ly/bLIxzt
<基本的にはこちらで申し込んでくださいね>

◆屬Δ泙いかない方」「一般の方」は↓にメールを送ってください。
shukuwaseminar@gmail.com

いままでの申し込みと同様に、お名前、連絡用E-Mail、ご所属、
懇親会の参加・不参加、ご連絡事項などを書いて送ってください。
※「初めて参加の方」はその旨、必ず書きこんでください!

「場所」は↓でご確認ください。
http://bit.ly/bLIxzt

また、上記ページにある、申込要領・セミナー開催要領・注意事項等を
「必ず」事前にお読みください。
ここにも「書き込み」と「宣言」をお願いします!

宿輪先生はじめ、多数のお越しをお待ちしております。
宿輪ゼミ事務局一同

※MIXIコミュでは以下です。http://bit.ly/9syPt4
宿輪ゼミ事務局です。
いつも大変お世話になり、誠に有難うございます。
※前回の感想もありましたら、こちらに書きこんでくださいね!
※お忙しいところ恐縮ですが、会場準備の関係上「出席連絡」を早めに入れて下さい。

11月10日(水)午後7時からの「第73回宿輪ゼミ」のご連絡です。
今回の教室は(いつもの)文京区民センター2Aです。

日本経済は現在インドに向かっています。
先生もインド出張行ってきます。

そこでインド人トップランクビジネスマンによる
「インドビジネスのすべて」   
http://ats-tokyo.com/03_markus/index.html

また「人生頑張る」のコーナーで「就職活動支援」もいたします。
他にも、政治や経営情報、 最新映画情報もあります。

こんな機会は「宿輪ゼミ」だけ!
われわれの経済・金融の勉強、投資、およびこれからの人生にとって
有益な機会となることでしょう!

今回までで、オリジナルおよび特別合わせて73回で、
宿輪ゼミ会員数は2000人を超えております。
もう5年です!

この回数・年数と参加者数がそのクオリティの証左です。
「宿輪ゼミ」は先生をはじめとしたボランティアによる公開勉強会です。
不手際も多いと思いますが、ご容赦ください。

〈申込関係〉 〜早めの事前申込をお願いします!
 崕瀕慇萓献フィシャル・ウエブサイト会員(宿輪クラブ会員)」の方は
以下から申し込んで下ください。
http://bit.ly/bLIxzt
<基本的にはこちらで申し込んでくださいね>

◆屬Δ泙いかない方」「一般の方」は↓にメールを送ってください。
shukuwaseminar@gmail.com

いままでの申し込みと同様に、お名前、連絡用E-Mail、ご所属、
懇親会の参加・不参加、ご連絡事項などを書いて送ってください。
※「初めて参加の方」はその旨、必ず書きこんでください!

「場所」は↓でご確認ください。
http://bit.ly/bLIxzt

また、上記ページにある、申込要領・セミナー開催要領・注意事項等を
「必ず」事前にお読みください。
ここにも「書き込み」と「宣言」をお願いします!

宿輪先生はじめ、多数のお越しをお待ちしております。
宿輪ゼミ事務局一同

※ミクシィでは以下です。http://bit.ly/9pbs6B

【日本金融学会2010年秋季大会参加】

カテゴリ : 
Sample
執筆 : 
宿輪ゼミ 2010-9-26 12:33


宿輪先生は今回は東京銀行協会さんの依頼により
神戸大学で開催された。
「日本金融学会2010年度秋季大会」に参加され、討論されました。
教授・准教授以外では一番の発表数です。

先生は「国際経済・国際金融」だけでなく
「決済・金融インフラ」の分野も第一人者ですが、
今回のテーマは「決済スキームの発展と資金決済システム」でした。

先生は、銀行協会の大口決済や全銀システム、そしてSWIFTなどの
改革部会長を歴任し、資金決済法の成立の支援もしておりました。
そういった関係で指名されました。

今回の金融学会は白川総裁の発表が注目されてました。
介入後初めての長い講演ですので。

今回の学会の前日は「日経マネー」さんからの強い依頼で
テコ入れの「特別講演」(シネマ経済学)をなさり、夜遅くなり大変でした。
神戸大学の討論は午前10時からでしたが、早朝の飛行機が台風で遅れ、
まさに駆け込みでした。

10月はAPEC準備会議への日本代表としての講演、
帝京大学さん特別講演、地方講演も4本あります。

宿輪ゼミは20日(水)の開催、テレビ出演は22日(金)の予定です。
宿輪先生、頑張ってください!
<日経マネーナイト>

宿輪先生は、強いご依頼があり
急遽、スペシャルゲストとして特別講演することになりました。

「現代シネマ経済学」をご講演。
時間は“午後8時20分”から。

宜しかったら一般の方も可能なので、ご参加ください!
当日受付可!

詳細はこちらを↓
http://bit.ly/9CNPgG

日時:24日(金)夜6時半から
場所:渋谷

他の講演者:
 マネックス・ユニバーシティ代表取締役 内藤 忍さん
 シンクタンク・ソフィアバンク副代表 藤沢久美さん
 ザ・スリービー代表取締役 石田和靖さん
 コモンズ投信会長 渋澤 健さん
 ワールドゴールドカウンシル日韓地域代表 豊島逸夫さん

(ウエブ上の紹介)
●特別ゲストとして、エコノミスト・映画評論家の宿輪純一さんもご登場!
エコノミストで映画評論家、会員数1000人超を誇る勉強会「宿輪ゼミ」を
運営する宿輪純一さんもいらっしゃいます。
宿輪ファンの皆さまもお集まりください。

宿輪ゼミ事務局より
宿輪ゼミ事務局です。
いつも大変お世話になり、誠に有難うございます。
※前回の感想もありましたら、こちらに書きこんでくださいね!
※お忙しいところ恐縮ですが、会場準備の関係上「出席連絡」を早めに入れて下さい。

10月20日(水)午後7時からの「第72回宿輪ゼミ」のご連絡です。
※10月1週目のゼミは宿輪先生APEC準備会議参加のため休会です。
今回の教室は(いつもの)文京区民センター2Aです。

先生は財務省・経済産業省・外務省等の研究会メンバーとして
アジア経済・金融についてのアドバイスもしておりました。
先生は先日も「APEC準備会合」で日本代表として発表しました。

今回は宿輪先生自らの講義です。
日本経済が向かっているアジア経済と金融について、
特にそのリスクについてご説明いただきます。

また「人生頑張る」のコーナーで今回から「就職活動支援」もいたします。
他にも、政治や経営情報、 最新映画情報もあります。

こんな機会は「宿輪ゼミ」だけ!
われわれの経済・金融の勉強、投資、およびこれからの人生にとって
有益な機会となることでしょう!

今回までで、オリジナルおよび特別合わせて72回で、
宿輪ゼミ会員数は2000人を超えております。
この回数・年数と参加者数がそのクオリティの証左です。
「宿輪ゼミ」は先生をはじめとしたボランティアによる公開勉強会です。
不手際も多いと思いますが、ご容赦ください。

〈申込関係〉 〜早めの事前申込をお願いします!
 崕瀕慇萓献フィシャル・ウエブサイト会員(宿輪クラブ会員)」の方は
以下から申し込んで下ください。
http://bit.ly/bLIxzt
<基本的にはこちらで申し込んでくださいね>

◆屬Δ泙いかない方」「一般の方」は↓にメールを送ってください。
shukuwaseminar@gmail.com

いままでの申し込みと同様に、お名前、連絡用E-Mail、ご所属、
懇親会の参加・不参加、ご連絡事項などを書いて送ってください。
※「初めて参加の方」はその旨、必ず書きこんでください!

「場所」は↓でご確認ください。
http://bit.ly/bLIxzt

また、上記ページにある、申込要領・セミナー開催要領・注意事項等を
「必ず」事前にお読みください。
ここにも「書き込み」と「宣言」をお願いします!

宿輪先生はじめ、多数のお越しをお待ちしております。
宿輪ゼミ事務局一同

※ミクシィでは以下です。http://bit.ly/aX6JO2

【宿輪ゼミ日程と内容】ご注意(改)

カテゴリ : 
Sample
執筆 : 
宿輪ゼミ 2010-9-18 22:39

変則的な日程もあります。ご注意ください!

ご参加お待ちしております。
10月第1週のゼミは宿輪先生APEC準備会議招聘の為、お休みです。

第72回 10月20日(水) 「アジアのリスクと金融」
http://bit.ly/bjYKf4

第73回 11月10日(水) インドトップランクビジネスマンによる
            「インドのすべて」(日本語)   
http://ats-tokyo.com/03_markus/index.html

第74回 11月16日(火) 「決済リスクとコルレス」
http://amzn.to/buh4AE

第75回 12月1日(水)  「ポートフォリオと高レバレッジ」
米投資銀行担当者(宿輪ゼミ事務局出身者)

第76回 12月15日(水)  未定+「忘年会」!
Powered by Junichi SHUKUWA  |  Copyright(c) Junichi Shukuwa All Rights ReservedDesign by7dana.com