;
      
Menu メニュー


映画レビュー - shukuwaさんのエントリ


いよいよ小生の新刊『円安vs.円高―どちらの道を選択すべきか』(東洋経済新報社)が31日に発売になりました。全国の書店の店頭に平積みになっていると思います。
私の経済に対する考え方は十分織り込みました。本作は2003年の書籍のリメイクです。東洋経済の方が、私の解説や予想が的中していると検証してくださり、依頼があったものです。経済の予想、それも中長期の予想は大変に難しいので、それを理解し検証して頂いて、大変嬉しくなりました。速攻で書きました。
一方の藤巻さんは一層パワーアップして、1ドル1000円まで言及しております。
ぜひ皆さん、以下のAMAZONで申し込んで、ご笑読くださいませ!
http://amzn.to/11L9HGN

書籍の帯についているフレーズは以下です。
「アベノミクスは救世主か亡国か」
「通貨政策が国家の命運を決める」
「円安こそ日本再生の最強の処方箋だ―藤巻」
「日本を救うのは円安よりも競争力強化―宿輪」
「異次元の金融緩和でも景気が回復しない理由」
「なぜここまで円高が進んでしまったのか」
「通貨政策から見たアベノミクス」
「円安になればTPPも怖くない」
「日本の失敗から多くを学んでいる中国」
「円安はV字回復の大チャンス」

私の運営しているボランティア公開講義宿輪ゼミでは6月19日(水)に新刊記念講演を予定うしております。詳しくはこちらをご覧下さいませ。
https://www.facebook.com/groups/shukuwaseminar/

PRAY FOR JAPAN

カテゴリ : 
Sample
執筆 : 
shukuwa 2011-3-14 5:29

第83回アカデミー賞予想

カテゴリ : 
Sample
執筆 : 
shukuwa 2011-2-13 16:05


※写真は、弊書『ローマの休日とユーロの謎―シネマ経済学入門』
http://bit.ly/aT7LSZ

私も「映画評論家」のはしくれなので予想してみます。
詳しくは「宿輪ゼミ」で!

授賞式は2011年2月27日(現地時間)、
ハリウッドのコダックシアターにて開催!

◆作品賞 (10作品に増加)
「ザ・ファイター」
「インセプション」
「キッズ・オールライト」(2011年GW公開)
◆岷儿餡Δ離好圈璽繊廖2011年2月26日公開)
「127時間」
 屮宗璽轡礇襦Ε優奪肇錙璽」
「トイ・ストーリー3」
「トゥルー・グリット」(2011年3月18日公開)
「ウィンターズ・ボーン」
「ブラック・スワン」(2011年5月公開)

◆監督賞
ダーレン・アロノフスキー 「ブラック・スワン」(2011年5月公開)
デヴィッド・O・ラッセル 「ザ・ファイター」
▲肇燹Ε奸璽僉次 岷儿餡Δ離好圈璽繊廖2011年2月26日公開)
.妊凜ッド・フィンチャー 「ソーシャル・ネットワーク」
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 「トゥルー・グリット」(2011年3月18日公開)

◆主演男優賞
ハビエル・バルデム 「Biutiful ビューティフル」
ジェフ・ブリッジス 「トゥルー・グリット」(2011年3月18日公開)
▲献Д掘次Ε▲ぅ璽鵐弌璽亜 屮宗璽轡礇襦Ε優奪肇錙璽」
.灰螢鵝Ε侫 璽后 岷儿餡Δ離好圈璽繊廖2011年2月26日公開)
ジェームズ・フランコ 「127時間」

◆主演女優賞
▲▲優奪函Ε戰縫鵐亜屮ッズ・オールライト」(2011年GW公開)
ニコール・キッドマン 「ラビット・ホール」(原題)
ジェニファー・ローレンス 「ウィンターズ・ボーン」
.淵織蝓次Ε檗璽肇泪鵝屮屮薀奪・スワン」(2011年5月公開)
ミシェル・ウィリアムズ 「ブルーバレンタイン」

※最近の連載です、ご笑覧ください!
(映画)http://bit.ly/eG9U8Q
(経済)http://bit.ly/he21K5 






『ノルウェイの森』―資源国通貨の行方《宿輪純一のシネマ経済学》
http://bit.ly/cXGp9l

世の中の映画評論で初めてだと思います!


※次回の宿輪ゼミは12月1日です宜しくお願いします。
http://bit.ly/bSkmdG

『シネマ経済学』韓国版書評完全翻訳

カテゴリ : 
Sample
執筆 : 
shukuwa 2010-10-23 8:51



『シネマ経済学』 日本語から韓国語に翻訳。
著者:宿輪純一
出版社:Human&Books社。
価格:12800ウォン(約924円)

平均的な現代人にとって、
儲かっているベンチャー・キャピタルにボーナスを投資するか、
または単に映画の切符を購入するか、
などといった経済的な判断は日常となっている。

後者の場合は、実は映画興行収入に貢献するだけではなく、
映画産業を影響をあたえる役割も注目される。

経済専門家で映画評論家でもある作者は
基本的な経済理論、課題や原理をこの新刊で教えてくれている。

このようなコラムの集大成は日本で「シネマ経済学」ブームを
巻き起こした!

作家のアプローチは、すぐに分かり易いのと
同時に楽しませてくれます。

彼は「007シリーズ」や「アイアムサム」などの人気のある映画を通して
EUユーロ導入、闇市場、バブル経済、ブランド・マーケティング、
需要と供給、および他の経済に関するの101の価値ある話題を解説します。

例えば、彼は、ヨーロッパの統一通貨導入について説明するのに
「ローマの休日」から
通貨理論について説明するのに「スター・ウォーズ」から説明します。

(書評者:リーヒョー・ウォン)


<宿輪本人より>
こんなに良く書いていただいて感謝ですな。
ベストセラーにもなるわけです。

しかし、いつ日本で「シネマ経済学ブーム」があったのか、
私も知りたいです(笑)

【映画】 『十三人の刺客』江戸末期近似

カテゴリ : 
Sample
執筆 : 
shukuwa 2010-10-11 7:28


宿輪純一のシネマ経済学(東洋経済オンライン)
『十三人の刺客』−江戸時代末期と似ている、今の日本
http://bit.ly/9lvF8N

最近の私の関心は「日本の景気回復・経済成長」です。

また映画はその時代を色濃く表します。
その点で、最近の時代劇ブームは怖い。
硬直化した、江戸末期と現在は似ている点が多くあります。

この辺をヒントに、
日本の景気回復・経済成長が進めばいいのですが。

今までの連載
http://bit.ly/9LTZyM 『食べて、祈って、恋をして』
http://bit.ly/9nMzUt 『バイオハザード献▲侫拭璽薀ぅ奸
http://bit.ly/9Pe3jH 『ベスト・キッド』
http://bit.ly/bBtXHF 『ソルト』
http://bit.ly/c8jHbu 『トイ・ストーリー3』
http://bit.ly/d8zsrz 『孤高のメス』
http://bit.ly/aaFrn7 『セックス・アンド・ザ・シティ2』
http://bit.ly/9XDxFn 『ローラー・ガールズ・ダイアリー』

【映画】 『食べて祈って恋をして』インド

カテゴリ : 
Sample
執筆 : 
shukuwa 2010-9-19 12:36
最新記事です!
『食べて、祈って、恋をして』――成長するインドに頼るのも一案
《宿輪純一のシネマ経済学》
http://bit.ly/9LTZyM

ジュリア・ロバーツも素敵な方でした!
初めて彼女にお会いしたが、驚いたのはそのスタイルの良さであった。意外なほど頭が小さくモデル体系で、10頭身にも見えるほどであった。

感想等もお願いします!


今までの連載
http://bit.ly/9nMzUt 『バイオハザード献▲侫拭璽薀ぅ奸
http://bit.ly/9Pe3jH 『ベスト・キッド』
http://bit.ly/bBtXHF 『ソルト』
http://bit.ly/c8jHbu 『トイ・ストーリー3』
http://bit.ly/d8zsrz 『孤高のメス』
http://bit.ly/aaFrn7 『セックス・アンド・ザ・シティ2』
http://bit.ly/9XDxFn 『ローラー・ガールズ・ダイアリー』


最新記事です!
『バイオハザード献▲侫拭璽薀ぅ奸戞宗銃本経済のゾンビ化を阻止せよ《宿輪純一のシネマ経済学》
http://bit.ly/9nMzUt 

ミラ・ジョヴォヴィッチにもお会いしました。
意外と陽気な方でびっくり。また、肌が白い!
脚の長さ(約6割)にまたびっくり!

15日公開予定の次回は
『食べて、祈って、恋をして』です。
ジュリア・ロバーツも素敵な方でした!

感想等もお願いします!


今までの連載
http://bit.ly/9Pe3jH 『ベスト・キッド』
http://bit.ly/bBtXHF 『ソルト』
http://bit.ly/c8jHbu 『トイ・ストーリー3』
http://bit.ly/d8zsrz 『孤高のメス』
http://bit.ly/aaFrn7 『セックス・アンド・ザ・シティ2』
http://bit.ly/9XDxFn 『ローラー・ガールズ・ダイアリー』

※9月15日(水)の第71回宿輪ゼミもご参加お待ちしています!
http://bit.ly/9svaG4
http://bit.ly/9HJlHA



ジャッキーチェンとウィルスミスにも会ってきました
特に「笑顔」が素敵でした。
彼らと会っていた時、隣の席はモンキーバンチ氏本人でした。驚き。
来週19日に、ジュリア・ロバーツとお会いできるのが嬉しい。

さて、最新連載です!
http://bit.ly/9Pe3jH
『ベスト・キッド』
世界の主要マーケットはアジアへ、精神面もテーマに
《宿輪純一のシネマ経済学》

感想等もお願いします!


今までの連載
http://bit.ly/bBtXHF 『ソルト』
http://bit.ly/c8jHbu 『トイ・ストーリー3』
http://bit.ly/d8zsrz 『孤高のメス』
http://bit.ly/aaFrn7 『セックス・アンド・ザ・シティ2』
http://bit.ly/9XDxFn 『ローラー・ガールズ・ダイアリー』


※8月25日(水)の第53回宿輪ゼミもご参加お待ちしています!
http://bit.ly/cEXkoO
http://bit.ly/bI30zf

◆アンジェリーナ・ジョリー面会

カテゴリ : 
Sample
執筆 : 
shukuwa 2010-7-7 16:17



ソニーピクチャ−スの今年最大の映画『ソルト』で来日する
アンジョリーナ・ジョリーと会うことに!

7月27日(火)に決定!私までインタビューが回ってくるといいな。
相場が荒れないように、テレビ出演が入りませんように!

彼女は以前も会いましたが、刺青がいっぱいで驚きました。

8月1日リリースの私の映画評論連載
「シネマ経済学」(東洋経済オンライン)で書くことで握りました。
ご期待ください!

http://bit.ly/d8zsrz ←ここです。



(解説) 二重スパイの容疑をかけられたCIAエージェントをアンジェリーナ・ジョリーが熱演するアクション・サスペンス。潔白を証明したいヒロインが、CIAの追跡をかわしながら真犯人を探し出すまでをスリリングに描く。メガホンを取るのは、アンジェリーナとは『ボーン・コレクター』以来のコンビとなるフィリップ・ノイス。共演は『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のリーヴ・シュレイバー、『2012』のキウェテル・イジョフォー。CIAに立ち向かう孤高のヒロイン、アンジェリーナのリアルなアクションに注目だ。

(あらすじ) CIAエージェントのイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)は、何者かの陰謀によってロシアスパイの嫌疑をかけられてしまう。逃走を図ったソルトはCIAの追跡をかわしながら、自らの容疑を晴らすべく、たった独りで真相究明に乗り出すが……。

【講義評価】 映画(シネマ経済学)

カテゴリ : 
Sample
執筆 : 
shukuwa 2010-5-29 15:21


本日、大学の映画講義(シネマ経済学)に行くと、
昨年度の学生さんの評価が。

お陰様で今年で3年目。
今年も講義をやっているので、一応打切りなしで継続中。

昨年度の評価は5段階評価で4.67! 
ほぼトップランク!感想も付けてますが、本当に嬉しい!

土曜日の講義は本当に辛いけど、一気に吹っ飛びます。
これからも頑張ります!


次回の宿輪ゼミは6月2日(水)です。
ご参加お待ちしております。
http://bit.ly/d8EWOQ

宝塚歌劇団宙組風羽玲亜さん

カテゴリ : 
Sample
執筆 : 
shukuwa 2010-4-24 16:47

友人の宝塚宙組の風羽玲亜(カザハネ レイア)さんです。
宜しければ、7月9日から東京公演いかがですか!
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/176/index.shtml

チケット手配特別ルートあります。
宿輪ゼミにも講演依頼中。



右側が素です。
皆さんもご贔屓にしてくださいね!

★第82回アカデミー賞予想←:的中!

カテゴリ : 
Sample
執筆 : 
shukuwa 2010-3-8 23:20

3月8日書込 ★が受賞作です
「ハートロッカー」他的中!かなり嬉しい!
今度の17日の宿輪ゼミでご説明しますね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第82回アカデミー賞ノミネート一覧 

どうなるでしょうか! 下の数字は私の予想です。
3月7日楽しみです。今年はどうでしょうか?

作品賞
●Avatar/アバター 
●The Blind Side/しあわせの隠れ場所
●District 9/第9地区
●An Education/17歳の肖像
●The Hurt Locker/ハート・ロッカー  
●Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ
●Precious/プレシャス 
●A Serious Man/シリアス・マン(原題)
●Up/カールじいさんの空飛ぶ家
●Up in the Air/マイレージ、マイライフ

主演男優賞
●ジェフ・ブリッジス『Crazy Heart/クレイジー・ハート(原題)』 ◆
●ジョージ・クルーニー『Up In The Air/マイレージ、マイライフ』
●コリン・ファース『A Single Man/シングル・マン(原題)』
●モーガン・フリーマン『Invictus/インビクタス/負けざる者たち』 
●ジェレミー・レナー『The Hurt Locker/ハート・ロッカー』 

主演女優賞
●サンドラ・ブロック『The Blind Side/しあわせの隠れ場所』★
●ヘレン・ミレン『The Last Station/ザ・ラスト・ステーション(原題)』 
●キャリー・マリガン『An Education/17歳の肖像』
●ガボレイ・シディビー『Precious/プレシャス』 
●メリル・ストリープ『Julie & Julia/ジュリー&ジュリア』 

助演男優賞
●マット・デイモン『Invictus/インビクタス/負けざる者たち』 
●ウディ・ハレルソン『The Messenger/ザ・メッセンジャー(原題)』 
●クリストファー・プラマー『The Last Station/ザ・ラスト・ステーション(原題)』
●スタンリー・トゥッチ『The Lovely Bones/ラブリーボーン』
●クリストフ・ヴァルツ『Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ』★

助演女優賞
●ペネロペ・クルス『Nine/NINE/ナイン』 
●ヴェラ・ファミーガ『Up In The Air/マイレージ、マイライフ』
●マギー・ギレンホール『Crazy Heart/クレイジー・ハート(原題)』
●アナ・ケンドリック『Up In The Air/マイレージ、マイライフ』
●モニーク『Precious/プレシャス』 ◆

監督賞
●ジェームズ・キャメロン『Avatar/アバター』
●キャスリン・ビグロー『The Hurt Locker/ハート・ロッカー』  
●クエンティン・タランティーノ『Inglourious Basterds/イングロリアス・バスターズ』
●リー・ダニエルズ『Precious/プレシャス』
●ジェイソン・ライトマン『Up In The Air/マイレージ、マイライフ』


映画の仕事を進める上で細かい情報収集は必要不可欠です。
最近、私がファンなこともあり、写真のような
「クリント・イーストウッド」の伝記を読んでいます。

大変詳しい厚い本で506ページもあります。

彼がトレーニングを始めたのは、なんと50過ぎからでした!
印象的なコメントは「することなすこと、片っ端からダメ出しをされたよ」
波乱万丈の人生です・・・・・。
今度いろいろお話します。


今週の11日(木)
『シャッター アイランド』の宣伝でレオナルド・ディカプリオとの
面談に招待されましたが、仕事でどうしても行けない・・・(涙)

3/3特別宿輪ゼミ参加お礼

カテゴリ : 
Sample
執筆 : 
shukuwa 2010-3-3 23:30
本日もお忙しいところ、
特別宿輪ゼミにご参加頂きまして誠に有難うございました。

日本の化学の最先端の井口眞博士の特別講義は
感慨深いものがありましたね!

化学の実用化ってそうなっているのかわかりました。
井口先生のノーベル賞に期待しましょう!

3月17日は私が「投資のすべて」を解説します!
預金、債券(国債・社債)、株式、商品、デイバティブ
そしてその海外版も・・・・。

ぜひご参加くださいませ!
Powered by Junichi SHUKUWA  |  Copyright(c) Junichi Shukuwa All Rights ReservedDesign by7dana.com